手植え作業

田植え作業を行いました

苗はすっかり大きくなってご覧のようによく育ちました。

ただ、例年より温度が低いため、昨年より1週間遅い田植えとなりました。今日も温度が低くて4月上旬並の寒さでしたが、逆に作業するには快適な温度だったかも知れません。

田植え前の苗床

昨日は離れたJAS米の田んぼを中心に、本日は特別栽培米の田んぼを中心に作業を行いました。

苗を軽トラックで現場に運び、田植え機にセットしながら順次植えていきます。豊田農園は通常の慣行栽培よりもかなり植え付け幅を広くしているので、田植え機のセッティングも特殊。植えたばかりの田んぼを他の田んぼと較べると、ちょっと苗が少なすぎるのではと思ってしまうほど。もちろんこのゆとりのある植え付けこそが、おいしいお米をつくるためには欠かせないのです。

田植え機で植えつけ

そのあと人が田んぼに入って目視でチェックしながら、苗が足りないところや状態が良くないところを手で直していきます。また田植機が入れない部分も手で植え付けていきます。
田植えのあとは、例年通りに温度が上がって、どんどん良い稲に育ってくれることを祈るのみです。

コメントを残す





CAPTCHA